子どもに社会性を持たせたいならやるべきステップを公開!

>

こんな事をしていませんか?

失敗の回避はとても危険

ネットの普及によって隣人の暮らしが良くわかる様になった現代は、とにかく人の目を気にしてしまう方が多くなりました。
それはお子さんにも影響していて「失敗する事は恥ずかしい事」だと決めつけて、あらかじめ親御さんが失敗を回避してしまいます。それによってお子さんは何も思考する事なく、何も身につける事なく成長します。
親御さんが失敗回避を一生涯やってくれれば問題はないのですが、現実ではそういきません。急に回避してくれなくなったお子さんは、経験値ゼロのままで放り出されます。社会性どころか自分で考える力も無いので、他人とのコミュニケーションを取る事が出来ないのです。それが悪化するとニートや引きこもりになってしまうのです。

性格を押し付けない

「アナタは恥ずかしがり屋だから」「お前はこれが苦手だからね」何度もそういわれている内に、それが本当になってしまう。言い方は悪いですが洗脳の一つです。社会性を育むサポートをする親御さんが、お子さんの性格を押し付ける事でそれを阻害してしまいます。
お子さんの性格や人生はお子さんが決めますし、子どもであっても1人の人間です。あくまでも影でサポートやアドバイスをする役に徹し、可能性や視野を広げて頂ければと思います。
社会性を育むのは難しい事ではありません。しかしちょっとした思い違いや、よかれと思ってやっていた事が慢性化し、失われてしまう場合もあります。常日頃から、お子さんでは無く一人の人間として尊重してあげる事が、社会性を身につける一番の近道です。


TOPへ戻る