子どもに社会性を持たせたいならやるべきステップを公開!

>

親御さんとお子さんが持つマインド

少しの失敗は笑い飛ばす

アナタは人生の中で何度失敗しましたか?生き死を対象とする失敗ならいざ知らず、小さな失敗の数なんてほとんどの人が覚えていません。自分の失敗を思い出して笑い話に出来るのに、わが子の失敗になるとスルー出来ない親御さんもいます。
小さな失敗を積み重ねる事で、自分で回避方法を考え社会性に繋がります。もしお子さんが何か失敗をしてしまった場合は、時には笑い飛ばすくらいの包容力が無いといけません。
その上でお子さん自らに考えさせていくのが重要です。回避方法を考えたら、後はトライあるのみですので温かく見守っておくのがベストです。くれぐれもお子さんを攻め立てたり、大げさなリアクションをしたりするのはNGですし深い傷を負う可能性もあります。

もしお子さんがヘルプを出したら?

お子さんが何かチャレンジをして挫折してしまった。その事を親御さんに相談しにきた。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?
その悩みが親御さんからすると小さく、バカらしい悩みだとしても真剣に受け止めてあげましょう。相談するという行為も社会性を育む為にとても重要な事です。相談をして自分を受けとめてくれた。その上で一緒になって悩みを解決出来る様に話し合う事で、承認欲求が満たされそれが社会性に繋がります。
社会性というのは、いわば「自分自身が愛されている自信」が多くを占めています。経験し失敗する、あるいは成功する数はどうでも良いのです。経験値を積み、自分という人間が愛されていて存在しても良いと思える事がとても重要です。


TOPへ戻る